一般歯科

img_medical01

どのような治療も基本に忠実に行い、できるだけ精度の高い治療を心がけています。
むし歯の治療では、すぐに被せものがとれたりするような治療ではなく、"できるだけ長持ちする治療が目標"です。
お口の中の状況を患者さまにも把握していただくために、
口腔カメラを使って画像を見ながら解説し、ご納得いただいた上で治療を進めていきます。

小児歯科

img_medical02

子どもの歯は、永久歯に生え替わる就学前〜小学校高学年の時期が重要です。
治療で最も多いのが、奥歯のむし歯。
「シーラント」という素材で虫歯になりやすい歯の溝を埋めたり、フッ素を塗ったりして、なるべく大事に至らないようにお手伝いします。

ただ、実際の治療にも増して大事なのは親御さんのご理解・ご協力です。

小児歯科の場合、子ども自身ではなく、親御さんとのヒアリングとアドバイスは欠かせません。
甘いお菓子を食べ過ぎていないか、正しいブラッシングができているかなど、
生活環境が大事であることを親子ともども認識していただきますが、それができるようになると、
お子さんのお口の環境も向上していきます。

また、色々と忙しい"子どもたちがムリなく通っていただけるような通院計画"を考え、ご提案します。

インプラント

img_medical03

当院院長は歯科医師のキャリアが10年、国際インプラント学会認定医の資格保持医で、手術実績も数多く、インプラント分野における経験も豊富です。

ただし、診査・診断・技術の3拍子がきちんと揃った状態で施術し、事故は必ず起こさないということを信条にしています。
インプラントとは自分の歯と同じように噛める、話せる、という理想的な治療法かもしれません。

とはいえ、一長一短のある治療法でもあることから、メリット、デメリット、義歯などほかの選択肢との比較、
費用や時間の問題も含め、"患者さまととことん話し合うことをルール"としています。

口腔外科

img_medical04

当院では親知らずの抜歯にも力を入れています。
「歯茎に埋まっている」、「横を向いてはえている」などで困難な抜歯も行なっております。
親知らずの抜歯というと「すごく腫れる、痛い」をいうイメージを持っている方が多いようです。
しかし腫れや痛みを軽減する配慮することで症状を軽減することも可能ですし、腫れや痛みが大きく出ることが予想される場合にも"日常生活に出来るだけ支障をきたさないように配慮"いたします。

また、近年患者様の関心の増加から「この口の中のできものってガンなの?」をいうご相談をお受けすることも増えております。ご心配な方はご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

営業時間: 10:00~13:15 / 14:30~19:00
定休日:水曜日、祝日